釣行記
Jul 22, 2014

2014/07 日本海、マイカリサーチ

メンバー江見、日本海へマイカのリサーチに。

昨年のこの時期は、すでにマイカが爆釣モードでしが

今年はまだ、マイカは爆裂はなく不発・・・。

マイカは例年より遅れているのか、今後の爆裂に期待です♪

合間のお土産の鯵の方が爆裂予報だせます。

アジ1

 

 

 

Posted in 釣行記Comments Closed 

 

Jul 22, 2014

2014/07 徳島 清和丸 ジギングで爆裂

黒爆メンバーの江見が徳島・清和丸にてジギングで爆裂!

サワラ、ハマチ~メジロ、マダイを爆釣しました。

エミ.サワラ ハマチサワラ

 

 

 

 

 

 

タイ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日のヒットルアーはLOTS OF ART ナムジグ。アカキン、ピンク等によく反応。

ロッツオブアートが誇る爆釣メタルジグ、ナムジグは引き重りの少なさもに定評

がある左右非対称のセミロングメタルジグ。

その性能は瀬戸内海、太平洋、日本海とあらゆる日本近海で繰り返されたテストで実証済み。

 

<この日の釣果>
釣果1 エミ

 

 

 

 

 

 

 

 

清和丸

 

 

今回お世話になったのは徳島県阿南市橘港     乗合&チャーター船

フィッシィングボート・清和丸さん

 

 

 

———————————— Use Tackle this —————————————

【ロッド】

  ダイワ ソルティガ・コンビジャーク・ジギングロッド

【リール】

  ダイワ ソルティガ5000PG

【ライン】

  VARIVAS PE 2.0号

【リーダー】

  シーガーエース フロロカーボン 40lb

【ルアー】

  LOTS OF ART ナムジグ 他

【フック】

  カルティバ JIGGER LIGHT #2.0

Posted in 新着情報, 釣行記Comments Closed 

 

Jul 16, 2014

2014/07 相模湾初遠征

黒爆リーダー、葛原が相模湾に初遠征にして見事キハダを釣り上げました。

数年前から夏の相模湾で20キロオーバーのキハダマグロが狙って釣れるようになったと

メディアでもとりあげていますが、相模湾、熱いです!

この日、船内ではこのキハダ1本でしたが、この時期まだまだ狙えそうです!

 葛原カツハラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初遠征でお世話になったのは相模湾 真鶴の釣り船・第二緑龍丸」さん

第二緑龍丸では・・
マダイ・ヒラメ / マゴチ・カワハギ / マグロ・カサゴ / メバル などなど・・・
四季折々の釣りが楽しめます。

第二緑龍丸船長

 

 

 

 

 

今回のヒットルアーは 「マニュファクチャー ナリマン」さん 弾丸(プロトタイプ)

ルアーテストを繰り返し表層での活性が低い時でも、
よい釣果を上げている定評のあるプラグ。
いかにアピール、そしてターゲットに見切られることなくフッキングまで
持っていけるか!ということではこの相模湾のキハダにもその威力を発揮。

今後、黒爆仕様として販売に向けてテストを繰り返し開発を進めていきますのでご期待ください。

 

弾丸

 

 

 

 

 

 

———————————— Use Tackle this —————————————

【ロッド】

          カーペンター ブルーチェイサー 84/18

【リール】

           ダイワ ソルティガ5000H
           
【ライン】

          VARIVAS PE 4.0号

【リーダー】

    VARIVAS SHOCKLEADER(ナイロン) 100lb

【ルアー】

           マニュファクチャー・ナリマン 弾丸S1

【フック】

   カルティバ スティンガートリプルフック ST-56 SIZE 2

 

 

Posted in 新着情報, 釣行記Comments Closed 

 

Jul 15, 2014

相模湾キハダ

キハダ

Posted in 記念魚, 釣行記Comments Closed 

 

Jul 4, 2014

2014/07 太平洋マグロ・カジキパトロール

 

この日は、リーダー含めメンバー6人で、第八源洋丸にて太平洋マグロパトロール隊出陣。

先月、ブリ連発をした「大正の瀬」での釣行。

トップでの大物(マグロ・カジキ)を期待しました!が、終始喰いが渋く、かなりの苦戦。

今回の使用ルアーは、D-CLAW発OFFSHORE CUSTOMダイビングペンシル「MARINO125」(秋刀魚) と「水面CHOP!(しらうお)105mm」他。

<D-CLAW発OFFSHORE CUSTOMダイビングペンシル>

この日、ベイトフィッシュが小さいこともあって、小型のダイビングペンシルを使用。
垂直に近い浮き姿勢からのダイブアクションで魚を誘惑。カウンターウエイト搭載で
誘い出し系ジャークでは、泡をはらみながら左右にウォブリングし、
フラッシング効果の強いフラットサイドでディープの魚にもアピール。
オフショアカスタムシリーズは、ボディに特殊硬質発泡樹脂を使用し、高浮力・
高品質を実現。貫通ステンレスワイヤーにベリーアイはスイベルを搭載。
オフショアカスタムモデルですが、ショアからも使いやすくなっています。

<水面CHOP!(しらうお)105mm>。

初春にみられるシラスナブラ時や小型のベイトを捕食しているとき、あらゆるルアーを
見切りはじめた賢くスレた青物に非常に効果的な細身のクリアーソリッドボディ!
フォール中は細かく震えながらロールし内蔵ウエイトに施したフラッシングラメとの相乗
効果で捕食魚に強くアピールいたします。浮上しやすいヘッド形状に独自のフィンキールで
不要なテールアクションを抑えつつ水面に顔を出した際に泡を咬み、逃げ惑う小魚を演出
します。

キヨハラシンヤマツダフジムラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日は、魚の警戒心が強いのか、厳しい状況。

水面にはキハダが跳んでいる姿も確認、

リーダー:「キハダは跳んでるけどね~跳んでるんだけどね~(+_+)」

 

リーダーがようやくシイラをキャッチ!

カツハラ

 

                         ワニロッド

 

 

 

 

 

 

喰らいついたら放さない!新アイテムの「ワニロッド」!

 

 

今回は結果としてはあまりいい釣果ではありませんでしたが、いつもと違った状況下でのルアーテストで貴重なデータ、改良材料を得ることが出来ました。問題点など考え、クオリティの高いルアー製作を進めていきます。

今後とも様々なフィールド、シチュエーションでのルアーテスト釣行を行っていき、ルアー開発に取り組んでいきますのでご期待下さい!

 

———————————— Use Tackle this —————————————
【ロッド】
        カーペンター ブルーチェイサー 83/13
          カーペンター ブルーチェイサー 84/16

【リール】
       ダイワ ソルティガ5000H
          シマノ シマノステラSW6000HG

【ライン】
        サンラインPE 3.0号

【リーダー】
        SUNLINE SHOCK LEADER NYLON 80lb

【ルアー】
       D-CLAW発OFFSHORE CUSTOMダイビングペンシル「MARINO125」秋刀魚
          D-CLAW発OFFSHORE CUSTOM水面CHOP!(スイメンチョップ)105mm しらうお 他

【フック】
       カルティバ スティンガートリプルフック ST-56 SIZE 2

 

 

Posted in 新着情報, 釣行記Comments Closed 

 

Jun 18, 2014

2014/06/ 日本海ヒラマサ捜索

リーダー葛原が、またまた日本海調査団結成!

トップで青物を捕獲した!

今回のトップでのルアーは、Scond Stage☆ 玄武  140mm 35g (黒爆仕様プロトタイプ)のゴールド。

2014-06-17 14.25.56この日は、潮は動かず、鳥山も、ベイトも確認出来ないかなり厳しい状況でのルアーテストとなりましたが、反応はあるもののフッキングまで持っていけない状況が続きました。

そんな中、この『玄武』でアクション(トゥイッチ、ストップ&ゴー)を加え喰いの渋いターゲットをまず1匹誘い出すと、捕食スイッチが入ったの如く、立て続けに数匹がアタック。

このSecondStage☆ 玄武(黒爆仕様プロトタイプ)は誘い出しアクション時、ターゲットの捕食スイッチを入れるアピール力は強く、ダイブさせたのち泡噛みの良いS字を描きながら泳ぐその姿はまさに、弱ったベイトフィッシュそのものの動きです。

フラットサイドボディは風の抵抗を受けやすく、『飛距離』が出にくいという欠点がありましたがこの『玄武』は初期プロトモデルよりウエイトを5gプラスし、さらに浮力の高いウッド材質に変更しました。フラットサイドボディの欠点でもある飛行姿勢の向上に成功し、フラットサイドボディでありながら、同サイズのダイビングペンシルと同等の飛距離を実現することができました。

フラットサイドボディの欠点を克服し、フラットサイドボディの利点を最大限に活かしたダイビングペンシル。それが『玄武』です。

またトップルアーでゴールドというカラーも、アピール力はかなり有効だと感じました。

まだまだいろんな状況下でのテストを行い、販売に向けて開発していきますのでご期待下さい!

 

2014-06-17 14.37.14

 

 

 

 

この日の釣果は

ヒラマサ!ヒラマサ!メジロ、メジロ、メジロ、メジロ、メジロ、メジロ!

これからも、様々な状況下、日本海側、太平洋側での

テストを予定しています。

その都度、フィールドテスト結果をご報告していきますのでご期待下さい。

 

 

—————– 今回の使用タックル ———————–

【ロッド】

  • カーペンター ブルーチェイサー 83/13
  • カーペンター ブルーチェイサー 84/16

【リール】

  • ダイワ  ソルゲィガ5000H
  • ダイワ  ソルティガ4500H

【ライン】

  • サンラインPE 3.0号

【リーダー】

  • SUNLINE SHOCK LEADER NYLON 80lb

【フック】

  • カルティバ スティンガートリプルフック ST-56 SIZE 2

         
【ルアー】

  • SecondStage☆ 玄武 ゴールド (黒爆仕様プロトタイプ)他

 

 

 

 

Posted in 新着情報, 釣行記Comments Closed 

 

1 2 3 4 5 6 7