釣行記
Oct 22, 2014

2014/9/ 和歌山・オキサワラ キャスティング

黒爆メンバー、和歌山・すさみ(第八大洋丸)にてキャスティング釣行&ルアー・スイムテスト。

この日のヒットルアーは、
Second Stage ヤイバペンシル(プロトタイプ)、マニファクチャー・ナリマン喝飛。

両ルアーとも反応よく、ヒット連発でした。

オキサワラ・ヤイバ

Second☆Stage ヤイバペンシルはプロトタイプで釣果を上げたのは「アワビカラー」。

— SecondStage☆ 刃ペンシル —-

second jig -yaiba- の形状をダイビングペンシルに採用し、

圧倒的なフラッシングは逃げ惑うベイトフィッシュそのもの。

アピール力抜群です!!

角ばったヘッド形状での水押し泡噛みも申し分なし!!

オタマジャクシより比重のある発泡樹脂マテリアルを使うことにより、

水絡みが良く水中で見せる時間を長くしております。

ダイビングアクションも有効的ですが、

ダイブ後のリトリーブでは、ミノーのようなアクションも可能。

水面に出きらない!!そんな時こそ真価を発揮するダイビングペンシル。

それがヤイバペンシルです。

マニファクチャー・ナリマン 喝飛 こちらも水面でのアピールは威力抜群。

28614マニファクチャー・ナリマン 喝飛

 

DSCF1508

SHIMANO 別注平政 F-190

こちらも定評のあるルアー。

飛びと泳ぎを両立させたオシアペンシルシリーズに、S字ダイブ系アクション専用モデルが登場。コンセプトは“飛び”と“入り”の良さ。ホースヘッド等、足 場の高い所でも安定してダイブする簡単操作設計。ヒラマサはもちろん、ブリ、マグロキャスティングにも対応。ベイトや活性に合わせて選べる多彩なサイズ展 開で、状況に応じた攻めが可能に。

釣果

釣果の方はオキサワラ、シイラとかなりの数があがり、スイムテストとしてもよいデータを収集できました。

今後もライン・リーダーの号数も変え、テスト&改良していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

———- 今回の使用タックル ———-

【ロッド】
カーペンター ブルーチェイサー 84/18

カーペンター ブルーチェイサー 86/25

カーペンター Endless Passion 88/35

【リール】
ダイワ  ソルゲィガ5000H

ダイワ  ソルティガ5500H

ダイワ  ソルティガ8000H

【ライン】
バリバス PE 4.0~5.0号

【リーダー】
バリバス Premium Quality 40号 140lb(ソフト仕様)

【フック】
カルティバ スティンガートリプルフック ST-56 SIZE 2

【ルアー】
Second☆Stage ヤイバペンシル アワビカラー(プロトタイプ)

マニファクチャー・ナリマン 喝飛

シマノ 別注平政 190-F

 

Posted in 釣行記Comments Closed 

 

Sep 18, 2014

2014/9/ 日本海ヒラマサ・キャスティング

 

2014・9 日本海、舞鶴へヒラマサを狙うもこの日はトリヤマ、ナブラも発見できずいきなりの修行タイム。

カツハラ静かなスタートとなり先行き不安な雰囲気が漂い始めた頃 同行者の方に竿にファーストヒット!

IT'S GREATヒラマサ

ひらまさ

嫌な雰囲気から脱出するも

その後もターゲットの活性を上げようと、ルアー、アクションを変えてみるが

今一つ反応が悪く、ヒットパターンもつかめず・・・。

そして、同氏が再びしなる!

平鰤ヒラマサx2

先ほどのよりかなりビックサイズ。見事ヒラマサをキャッチされました。

今回は6月の釣行時より、終始海面が穏やかで夏過ぎからの京都方面の悪天候や潮回りの影響もあるかと思いますが、ガマンの釣行となりました。

ヒットルアーは、カーペンター ブルーフィッシュBF30-130 フローティングタイプでのバイトでした。

 

 

—————– 今回の使用タックル ———————–

【ロッド】

  • カーペンター ブルーチェイサー 83/13
  • カーペンター ブルーチェイサー 84/16

【リール】

  • ダイワ  ソルゲィガ5000H
  • ダイワ  ソルティガ4500H

【ライン】

  • サンラインPE 3.0号

【リーダー】

  • SUNLINE SHOCK LEADER NYLON 80lb

【フック】

  • カルティバ スティンガートリプルフック ST-56 SIZE 2

         
【ルアー】

  • カーペンター ブルーフィッシュ BF30-130(フローティング)

 

 

 

 

Posted in 新着情報, 釣行記Comments Closed 

 

Sep 16, 2014

2014/9/ 明石海峡

この日関東に台風接近、翌日がスーパームーンといいうことで大潮周りで、潮の流れが速い中での釣行。

そんな中、黒爆女子チーム『 K.M.G 』の モモちゃん のデビューフィッシングとなりました。

もともと釣りに興味があった、でも何から始めればよいのかわからなかった彼女が黒爆と出会い
この日明石海峡にて、本格的デビューとなりました。

モモコ

 

出船が9時、この日、海の色はそう濁ってはいませんでしたがいまいち活性が低いのか、我慢の時間が続き・・・・。

 

正午頃にファーストヒット!

 

 

ももこ&まぁやさん

モモサワラ

サワラ

今回同行してくださった先輩様に手伝ってもらいながらも見事にサワラをゲット!

初めての釣りでサワラっていうのもスゴイですが・・!!。

今後の目標は「マグロ」ですので、初めてにしてはいい体験になりました!

その後、キャストを繰り返し、いろいろとアドバイスも受け、いい練習になりました。

この日の船内釣果は、サワラ2、 ハマチ1匹という結果でしたが、

初めてのフィッシングで、サワラという荒行にも「めっちゃ楽しかった!」とのことで、今後、更なる大物への挑戦を意気込んでいるモモちゃんでした。

 

——————– 使用タックル ————————-

<仕様タックル>

【ロッド】
          DAIWA TRIFORCE-X 802 MRS-V

【リール】 DAIWA  Seagate Light 3500

【ライン】 サンラインPE 2.0号

【リーダー】VARIVAS SHOCKLEADER(フロロ) 50lbを少し(30cmほど)

【ルアー】 タックルハウス フリッツ(FRITZ)  42g

                シーバス用ミノー 他

【フック】  カルティバ スティンガートリプルフック ST-46 size2

 

 

Posted in 新着情報, 釣行記Comments Closed 

 

Sep 16, 2014

2014/08/ 日本海 イカ釣行

 

今季日本海へメンバーが数回釣行に行くも、今一ついい釣果が上がっていなかったようで、 8月の末、爆釣を期待しつつ日本海、シロイカリサーチを決行。

出港前

 

前日の天候も悪かったのと、この日も波も強めで強風…。

今の時期イカ釣りには少し遅いくらいですが、例年8月末でもまとまった数がとれていました。

しかし!今年は驚くほどイカが少ない。ポイントも毎年定番の場所にイカが入っていないとのことで、良場を求め2時間移動。

シロイカ

 

日没前、小型のイカが幸先よくヒットするも、

あとが続かず…。

 

 

アンカーうって揺れる船中、修行のようでしたが、メンバーも珍しくイカを掛けようと真面目に取り組む。

 

途中、ちらほらとヒットするも、例年のような数には全く及ばず。

去年の同時期なら船内200杯オーバーというような数でしたが、ホントにイカが少なかった今夏。

リーダーイカ2

 

とはいえ、久しぶりに大勢のメンバーで楽しい釣行でした!

 

今回お世話になった TOPS JAPAN の森船長。遅くまでお付き合いありがとうございました!

森船長TOPS JAPAN

 

 ———————- 使用タックル ———————–

[ロッド] DAIWA E-GEE 83M-F

             Major Craft Solpara SPS-S702NS/st

[リール] DAIWA E-GEE Eging Game Special

             DAIWA カルディアKIX 2500

[ライン] VARIVAS アバニ エギングPE マックスパワー0.6

[リーダー] サンライン(SUNLINE) ソルトウォータースペシャル エギリーダー1.5

[エギ]  ダイワ ミッドスッテ メタル56g      エメラルダス フォール3.5号 他

Posted in 新着情報, 釣行記Comments Closed 

 

Sep 9, 2014

2014/08  明石海峡キャスティング

 

黒爆リーダー葛原が明石海峡、トップオンリーでの釣行。

明石海峡は、明石大橋を境に、大阪湾側と瀬戸内側に潮の流れが分かれる事が多く、 この日も見事に潮の流れが東西に分かれて
この日、4.5日前から悪天候が続いたのもあり、明石大橋東側~淡路寄りの海はひどい濁り
西側~岸は濁りなしという状況下でのキャスティング。

明石海峡大橋

 

余談ですが、潮の流れが速いことで有名な明石海峡潮流、その流れを利用した海洋エネルギー 「潮流発電」の実証実験が始まっています。

 

釣果の方は、サワラ8匹、ハマチ1匹。

仕様ルアーは SecondStage☆ さんの新製品。刃ペンシル

second jig -yaiba- の形状をダイビングペンシルに採用し、

圧倒的なフラッシングは逃げ惑うベイトフィッシュそのもの。

アピール力抜群です!!

角ばったヘッド形状での水押し泡噛みも申し分なし!!

オタマジャクシより比重のある発泡樹脂マテリアルを使うことにより、

水絡みが良く水中で見せる時間を長くしております。

ダイビングアクションも有効的ですが、

ダイブ後のリトリーブでは、ミノーのようなアクションも可能。

水面に出きらない!!そんな時こそ真価を発揮するダイビングペンシル。

それがヤイバペンシルです。

ハマチ

 サワラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サワラは炙ってタタキで淡路玉ねぎ、きゅうりを添えて美味しく料理したようです。

サワラ・たたき

 

 

<仕様タックル>

【ロッド】
        カーペンター ブルーチェイサー 83/13

【リール】 ダイワ ソルゲィガ5000

【ライン】 サンラインPE 2.0号

【リーダー】VARIVAS SHOCKLEADER(フロロ) 50lbを少し(30cmほど)

【ルアー】 Second☆Stage  ヤイバペンシル

                シーバス用ミノー 他

【フック】  カルティバ スティンガートリプルフック ST-46 size2

Posted in 新着情報, 釣行記Comments Closed 

 

Jul 29, 2014

2014/07 相模湾・マグロ釣行

リーダー葛原が前回に続き相模湾でのマグロ釣行・ルアーテストを決行。

今回新たに制作したKUROBAKUオリジナルTシャツ半袖バージョンを着ての釣行。

トップ画面にある画像のように、黒潮にマグロのロゴが船内ですごく映えます。

Kurobaku_OriginalSHIRTSKUROBAKU_originalTshat2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

釣行時、メンバーはバックプリント「黒潮爆裂組」のオリジナルTシャツを着て釣行しておりますが、fecebookやホームページを通じて、各方面の方々からお問い合わせをいただいており
大変好評で販売して欲しいとのお声を多々頂いております。

そういう、リクエストから、office黒爆では、メンバー用とは別の、新たにこだわったデザイン、機能性を考えた生地でオールマイティに着ていただける

オリジナルTシャツの制作、販売を考えております。

KUROBAKU Tシャツ_pink tuna ver2Kurobaku_SHIRTS

 

 

 

 

 

 

 

今回制作した新しい半袖ヴァージョンの生地は、ドライ素材で紫外線を98%遮断。海辺の強い日差しからも肌をしっかりガードしてくれます。

またストレッチ素材なので動きやすく、釣り以外でも様々なアクティブシーンにも活躍します!

KUROBAKU Tシャツ緑龍丸Ver_2 KUROBAKU Tシャツ緑龍丸ver

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デザインは、KUROBAKU完全オリジナル!フィッシィングウェアとは思えないほどのデザイン性。
右肩のプリントは、シャツ自体の縫い目にまたがるデザインの転写をほどこしました。

また、KUROBAKUオリジナルのタグを制作中で、細部までオリジナルにこだわっています。

インナーとして、またタウン着としても、1年中、愛用していただける商品を現在制作中です。

販売に至っては限定発売なので要チェックです!

sato  Sato (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のスイムテストを行ったルアーは SecondStage☆× KUROBAKU仕様の新製品。

発売前ということで、名前もまだ正式決定していません。

今回このルアーのスイムテストを行いました。

玄武フラック&イワシカラー.ホノグラム - コピーsecond stage☆ newルアー

 

 

 

 

second stage☆ newルアー.ゴールドScondStage ☆ newルアー.ブラック

second stageオリジナル
硬質発泡ウレタン樹脂
特徴
発泡比率を自由に操作出来る事により、高浮力から低浮力の物までその自由度は計り知れない
高浮力 ボディー自体を軽くウエイトによりプラグ内部に支点を作り出す事によりキビキビとしたアクションを生み出す事ができる
低浮力 ボディー自体の重さを均等に稼ぐ事ができ
水に絡みつく様なアクションを生み出す事ができる

この硬質発泡ウレタン樹脂により、今までウッドプラグでは不可とされてた製品のバラツキを抑える事ができるようになり
浸水による動きの変化なども起こらない
つまり、一度お気に入りのフックセッティングさえ出してしまえば
いつ何時も常に一軍として安心して投入出来る

貫通ワイヤー式のウッドプラグでは不可能であった低重心、ウエイト分散も可能になり
より安定したアクションを生み出す事ができる
それがsecond stageが提唱する素材
硬質発泡ウレタン樹脂の特徴です。

second stage☆ newルアーラインナップ2second stage☆ newルアーラインナップ1

 

 

 

 

 

 

今回のスイムテストではトリプルフック カルティバ ST66 2/0を装着、アクション時のバランス等貴重なデータを収集。

今後、フックの大きさ、ライン、リーダー、様々なパターンのテストを行い完成に向けて改良を繰り返していきますのでご期待ください!

 

釣果のほうですが、カツオのナブラやキハダが水面付近を腹を見せて泳いでいるのが見えましたが、
ベイトの種類や大きさが合わなかったのか、反応なくこの日はマグロの釣果はなしでした。

船内おろか、相模湾全体でマグロは上がっていないとのことです。

極めてめずらしく、今後の研究材料としての経験をしました。

 

———————————— Use Tackle this —————————————

【ロッド】
          カーペンター ブルーチェイサー 84/18

【リール】
           ダイワ ソルティガ5000H
           
【ライン】
          VARIVAS PE 4.0号

【リーダー】
     VARIVAS SHOCKLEADER(ナイロン) 100lb

【ルアー】
           Second Stage☆ 新製品プロトタイプ

【フック】
          カルティバ スティンガートリプルフック ST-66 SIZE 2

 

 

Posted in 新着情報, 釣行記Comments Closed 

 

1 2 3 4 5 6 7